top of page

人に必要とされる事


たいきです!卒園卒業シーズンですね。年長さん、6年生のみんな卒園卒業おめでとうございます。4月から新たな環境で楽しもう(^^)/


みなさんは人から必要とされていますか?そして、みなさんのお子様は誰かから必要とされていますか?


なんか最近機嫌悪いな。すぐ親子ケンカになってしまうな。家庭内の空気が重いな。

最近の我が家はそういう雰囲気が続いて、少しギクシャクする事も多かったような気がします。


今から書くことは、自分が忘れないように記録として残してまた我が家がギクシャクしそうな時に読み返したいと思います。


家庭内でギクシャクし始めると、どうしようもない場面ってありますよね。行き場のない気持ちや妥協できない自分や、また同じパターンになってしまったという罪悪感。


翌日の朝には少し気持ちは収まってはいるが、ちょっと相手の様子や態度を気にしている自分がいたりして、モヤモヤっとする感じ。嫌ですね。


そういう中で今日KSCAの活動日を迎えました。息子はKSCAでは、少しお兄ちゃん的なポジションで川で魚を捕まえる事や火付けではマッチのつけ方を小さい子に見せて教えてくれています。子どもたちにとって僕よりも身近な少し頼れるお兄さんです。


活動中にある子が息子を探して「あれ?どこにいるの?」や電車移動では「えー、僕が隣に座りたかった」など子どもたちが息子を少し必要としている場面をチラホラ見かけます。


活動が終わった帰りの車。

早口で楽しそうに今日の子どもたちの話や、冗談を言っている姿が「あっ、この姿が本来のこの子の姿だったな」と運転しながら楽しそうに喋っている表情を自分の頭の中でイメージし心が温まりました。


なんか「褒める」とか「認める」とか「ありがとう」とか綺麗な言葉じゃなくて、シンプルにただ自分が必要とされる言葉って強いパワーがありますね。子どもたちの素直な気持ちが息子の心に響いたんだろうと思います。


ギクシャクしそうな時どこかに連れ出そう。

打算的な言葉じゃなくて素直な気持ちで必要だと伝えよう。


今日は子どもたちに救われた気持ちです。

次は自分も素直になれるようがんばろう。と思いました。


息子は明後日小学校を卒業します。おめでとう。

これからもよろしく。




閲覧数:75回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page